FC2ブログ

2018 101234567891011121314151617181920212223242526272829302018 12






お盆


お盆中日ですね

18081401.jpg


虹の橋へ逝ってしまった毛玉ちゃんたちも

今ごろは大好きな飼い主さんの元で

しく過ごしているかな~

18081402.jpg


我が家も先代猫るるがきゅうりのに乗って

急いで帰ってきました

18081403.jpg


でも帰ってくるのは毛玉ちゃんたちだけでなく

人間のご先祖さまも…ということで本日は

おっさまがお経を手向けにやって来ました


あと、親戚数人も…

18081404.jpg


ということで、パニックを起こすユズムギ…

18081405.jpg


ユズちゃんは例の如く布団の中に潜り込み

無理矢理引っ張り出した時には身体があっちっち

18081406.jpg


1時間くらいはあはあが止まりませんでした

18081407.jpg


ムギちゃんにグータッチしてもらって

パワーチャージ

18081408.jpg
おかげ様で元気になりました



お盆明けまであと2日…


るるちゃん、帰りはお土産いっぱい持って

ナスのでゆっくり帰ってね

18081409.jpg
リラックスしすぎて、イケニャンが台無しだー




少々バタバタしておりますので、しばらく
コメント欄お休みします
お盆明けまで、ご訪問が滞りがちになったり、
コメント残しもできないかも~です(;´Д`)





応援していただけると嬉しいです

にほんブログ村 猫ブログ 兄弟猫・姉妹猫へ
にほんブログ村



人気ブログランキング



スポンサーサイト
[ 2018/08/14 ] 愛すべき先代猫るる | TB(0) | CM(-)

今日はささみパーティー♪


今朝9時少し前、1分ほどセミが鳴いていました


もしかしたらキミが帰宅を知らせてくれたのかな…


DSC00010.jpg


キミがいなくなって4年… もう…なのか、まだ…なのか、

でも相変わらずが止まらないことに変わりがないようです


DSC00012.jpg



昨秋、ユズムギの体重が7kgを超えました


るるもご飯が大好きなきなさんで体重は7kg超



でも病気になりフードが食べれなくなり…


本当は食べたいのに…

お腹はすいているのに…

フードの音がすると一目散にやって来るのに…



でも食べれなくて…

どんどんせて…

免疫力もなくなり弱っていったキミ…



フードさえ食べてくれたらきっと元気になれたんじゃ

ないかと思ってしまって…



だからね、ユズムギには食べれる時に…

食べたい時に…

たくさん食べさせてあげたいと思ってしまう

ダメな飼い主になってしまいました


DSC00935.jpg


ユズムギの重みは、元気だったころのキミの重みと

いっしょなんだよね



お風呂が嫌いなところも車が嫌いなところも

ビビリで来客が怖いところも全部いっしょ


可愛くて甘えん坊でとってもいい子なところもてる




唯一違うのは、野良生活が長かった分縄張り意識が高く

よく脱走していたことかな


でも2時間以内には戻って来てたから安心してってたよ



だけど今回の脱走はちょっとすぎないですか


DSC00020.jpg


今日はささみパーティーをするからるるも参加してね

お空のお友達もみんにゃ連れておいで

昨年のるるの記事を読みながらゆっくりしてってにゃ こちらだよ~




るる、たくさんの思い出をありがとう


うちの子になってくれて本当にありがとう


キミのことが今も大好きだよ






応援していただけると嬉しいです

にほんブログ村 猫ブログ 兄弟猫・姉妹猫へ
にほんブログ村



人気ブログランキング




コメント欄お休みします
何事もない穏やかな週末になりますように…





[ 2018/07/07 ] 愛すべき先代猫るる | TB(0) | CM(-)

七夕、もう一つの大切な日


柚子麦記念日にたくさんのコメントをありがとうございました

ウチへ来た頃の可愛らしさや元気に成長している姿を
共に喜んでいただけること、とても嬉しく、1つ1つのコメント
有難く読ませて頂きました

お返事書かせて頂きましたのでお時間がある時にでも
ご覧ください




七夕の日に、お星さまに乗ってやって来たユズムギ


お星さまに乗ってやって来た子がいる一方で、

お星さまに乗って帰って行った子もいるわけで…



先代猫のるるは七夕の日を選んで

お星さまに乗って旅立っていきました


DSC00005.jpg


※去年のるるの記事はこちら→
  出会いから最後の日まで簡単にまとめてみました…




立派なモフモフちゃんだったるる


そのモフモフな毛のせいでとっても大きく見えたよね


時にはタヌキのように見えたこともあったけど…

お風呂に入ると、ちょっとスマートになったね


DSC00938.jpg


でも、この写真の頃は太り過ぎてたかな


毛だけじゃ説明できない何かがあるような気がする…



ストーブの上に乗ることが好きだったるる


あったかいから乗ってるんじゃないこと、気付いてたよ…


DSC00160.jpg


ここに乗ると視線が近くなるんだよね


抱っこの要求もしやすくなるし…ね



抱っこが大好きだったるる


抱っこすると私の首元でスリスリしてたるる



今だから言うけど、首元に毛がいっぱいついて痒かったんだよ

でも当時はそんなことより甘えてくれるるるの存在が嬉しかったな


DSCF0970.jpg


渋い顔をすると、目の上に白い眉毛が浮き出て、

「困ってるおじいちゃん」のお顔になることがあったよね


もっともっとおじいちゃんになるまでずーっと一緒に

いられると思ったのに、ちょっと早すぎたんじゃない!?




隠しておいたお星さまの乗り物、ユズムギに渡すために

帰って行ったのかな… ね、るる…


DSC00214.jpg


それなら、もう一度戻っておいでよ



るるの温かい身体、ふわふわの柔らかい毛、

男の子のくせにおしゃべりだった可愛い声…


何もかも全部この手が、この耳が覚えているけれど、

でも…でも、もう一度だけ触れさせてほしい…




あれ、おかしいな…

るるちゃん、今日は涙がとまらないよ…





応援していただけると嬉しいです

にほんブログ村 猫ブログ 兄弟猫・姉妹猫へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



お星さまキラキラ、空から見てる♪


久しぶりに先代猫るるのお話です。

今日は、文章多めで少し長いです。

お時間のある時にでもお付き合いいただけたら嬉しいです。



るると出会ったのは、とある駐輪場


私が駐輪場の前を通ったら「みゃあ~」と鳴き声がしたので、

周りを見渡すと自転車の間に猫がいて私の方を見てた。

まるで「ボクはここだよ」とでも言っているかのように…


その後、縁あってるるはウチの子になった。


DSCF1224.jpg


るるは当時成猫で、年齢も誕生日もわからなかった。

元気いっぱいだったので2~3歳くらいかなと…


写真はあまり撮らなかったけど、思い出はいっぱいできた


DSC00113.jpg


るるが我が家へ来て8年くらいたったころ

悪性のリンパ腫が見つかった。


抗がん剤治療を始め、1クールが終わったころには

腫瘍も小さくなった。


このまま治療を続けていけば寛解もあり得るかも

しれないと思われた矢先、事態は悪化した。


エイズキャリアのせいなのか、元々白血球数が少なかった

るるは抗がん剤治療を続けることができなかった。


鼻炎持ちも災いして、食欲はあるのに食事をすることができず

みるみる痩せて、るるの体力を奪っていった。


強制給仕、経鼻栄養、注射、投薬、点滴、輸血…


随分辛い思いもさせたが、病状は少しずつ悪くなっていった。


DSC00936.jpg


こんなに真ん丸だったのに(最大7kg)、最後は2kg台までに

痩せてしまったるる



当時、私は徐々に仕事が忙しくなっていた。


ある日、次の仕事まで3時間あいたので一旦家へ帰った。

心配な気持ち、少しでも食事を食べさせたい気持ちを抱えて…


少し食事を食べさせ、しばらくしたらるるが発作を起こした。

時間外だったけど動物病院に電話をして連れて行った。


仕事に戻らなければいけなかったので、先生にるるを託し

後ろ髪を引かれながら病院を後にした。



夜9時過ぎ、仕事帰りに病院へ寄った。


先生と相談し、「朝仕事へ行く前にるるを預け、

夜仕事が終わったらるるを引き取る」と決めた。

半日入院という形で、るるの症状が落ち着くまで。


金銭的には大変だけど、精神的には楽になる気がした。


DSCF1223.jpg


家へ帰って普段通りの時間を過ごした。

不思議とフードを欲しがるそぶりを見せたので

あげてみるが、結局食べなかった。


いつもは1階で寝ているるるだけど、さすがに今日は

気になったので、2階で一緒に寝ようと連れて行った。


猫ベッドに寝かせたけど、あれ?なんか変!?

力が入らないみたいで、頭もカクンってなるし、

立とうとすると、足に力が入らないのかふらつく。


ビックリして抱き上げて私の膝に。


しばらくしてまた発作が起こる。

名前を呼ぶたびに、体や足を動かしたり、こっちを向いたり…


でも、しばらくして動かなくなった。


膝の上のるるは温かいのに、上から触ったるるは冷たかった。


DSCF0901.jpg


これが、2年前の7月6日~7日の出来事。

七夕の日を選んで、るるは旅立ちました。


るるは、色んなことがわかっていて、この日を

選んだのかなって思ってしまいます。


仕事が忙しくなる今なら、ボクのこと思い出す時間が短くてすむ…とか

毎日半入院だとお金もかかっちゃうし、先生たちにも迷惑かけちゃう…とか


そんなこと気にしなくてもいいのに。

キミがいてくれるだけでよかったのに…

今はきっと、ユズムギくらい元気に走り回っているのかな?

それともユズムギのどちらかはキミの生まれ変わりなのかな?


るる、ウチの子になってくれてありがとね


キミは幸せでしたか?




応援していただけると嬉しいです

にほんブログ村 猫ブログ 兄弟猫・姉妹猫へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



るるの脱走物語


野良ちゃんだったからなのか、お外が大好きだったるる

隙をねらって、よく脱走されました



そんなに外へ行きたいのならと、ハーネスを付け外に連れ出したけど、

そういうのはイヤみたいで歩かない

リードを無理矢理引っ張ると、コテッと倒れて死んだふり



で、しょうがなく、ハーネスをつけて庭で自由にさせることに。

DSCF1026.jpg


だからと言って、外に対する興味が薄れるわけでもなく、常に脱走を企むるる


リードの長さ分の行動範囲しかないから大丈夫だろうと放っておき、

しばらくたって様子を見に行くとハーネスを残してもぬけの殻

なーんてことも3~4回ありました


DSCF1021.jpg


そんなるるの日課といえば、

庭の見張り番


DSC00315.jpg


特にここの場所がお気に入りで、こうやってほぼ1日中座ってた。

ここは物置のような部屋なので、冷暖房がなかったのに、年中いた。

そして、たまに入ってくる野良猫を威嚇し、追い出してたな


DSC00540.jpg


最初の頃は、網戸越しにおとなしく見てたのに、

そのうち網戸を開けることを覚えて脱走!!

やがて我が家は春秋の気候が良いときも常に窓は締め切ったまま

空気の入れ替えもおちおちできない状態になったとさ


DSCF1014.jpg


脱走大好きなるるは、お家も大好きで、毎回2時間前後で帰ってきます。

それでもいざというときのために、野良ちゃんと間違われないように

首輪と迷子札は必需品でした。

幸いにも必要になったことは一度もなかったけど・・・


そしてユズムギにもいざというときのために首輪と迷子札を用意した。

DSC02758.jpg

ユズはなんとなくるるに似ているような気がする。

ビビリなところとか、甘えん坊なところ、そしてお外が好きなところも・・・

生まれ変わりかな・・・ なーんてね。





応援していただけると嬉しいです

にほんブログ村 猫ブログ 兄弟猫・姉妹猫へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




[ 2015/10/20 ] 愛すべき先代猫るる | TB(-) | CM(4)